結婚内祝いのギフトにも適したブランド米の基礎知識を身につける

一般的なお米とブランド米を徹底比較

ブランド米とはブレンドを一切しないお米のこと

一般的なお米には品種や産地によって違うお米をブレンドしている「ブレンド米」と、ブレンドを一切しないお米を「ブランド米」と呼びます。ブランド米というと思い出すのがコシヒカリですが、今話題のひとめぼれなどもコシヒカリが元になった品種です。このブランド米にはそれぞれ特徴があります。先ほどのコシヒカリは粘り・ツヤがありもちっとした食感です。

注目されるブランド米にも色々なランクがあります

ブランド米にも色々なランクがあり、このランクを決めるのが食味官能試験と呼ばれ、実際に食しておいしいかどうかを決めます。複数の産地があるコシヒカリのブレンド米を一番真ん中にして、それぞれの産地のブランド米を比較していきます。同じランクならAなどを付けて基準となっているコシヒカリのブレンド米よりどの程度優れているかを決めていきます。最近では一番最高峰と言われる特Aが付いているのが、ななつぼし、ゆめぴりか、ひとめぼれ、こしひかり、はえぬき、つや姫などがあります。

思わず笑顔になる美味しさ

一般のお米でも最近は炊飯器が発達しているので美味しくいただけます。しかしブランド米となると思わず笑顔になるほど美味しいと評判です。特Aクラスのななつぼしやゆめぴりか、ひとめぼれなどを始め、その下の良好Aでもきらら397、ほしのゆめ、つがるロマン、あきたこまちなど、一度は聞いたことがあるブランド米があります。勘違いしやすいのが今年特Aでも来年はランクが下がることもあります。お米も生きているのでその年の出来によって味が変わるということです。そのために毎年実際に食味官能検査をしてランク付けをしています。

結婚内祝いのギフトにも適したブランド米の基礎知識を身につける

ウーマン

毎日のように消費する米は喜ばれやすい

お米は主食なのでもらって困るという人はいないでしょう。むしろ毎日消費するので喜ばれる食品です。毎日消費するお米が美味しいのは格別です。お米というと困った時親元から送られてくるというイメージがありますが、最近ではお米のブランド化が進み、贈答用にも適した美味しいお米が増えています。また贈答用に向いたネーミングが多く、選ぶ側も楽しみがあります。贈る時には気の利いた「ごはんのお供」として佃煮や名産品のふりかけなどをセットにしているギフトもあります。

結婚内祝いにもピッタリなブランド米

お米をもらって困るという人がいないので、ブランド米は結婚内祝いにも最適です。お米を食べないという方も増えてきたとは言いますが、まず確実に主食として食べるでしょう。またブランド米にはゆめぴりかやななつぼしといった、聞いただけで判断できる特Aクラスのブランド米があるので贈られる側もうれしいでしょう。結婚内祝いはお菓子やチケット類だけでなく、ブランド米というのも気が利いています。いつも食べているブレンド米も美味しいでしょうが、たまにはブランド米を食べて食卓に賑わいがあるのもうれしいものです。

広告募集中